前回からの続き)

スポンサーリンク







もう一人のマイケル

Well, one day, we were told to move forward to scout for Commies. It was a really cold day. As I was walking along, I perceived another fellow walking beside me, and I looked to see who it was.

ある日、僕たちは共産主義者たちを偵察するため前へ進むよう指示されたんだ。とても寒い日だった。歩いていると、ある人が僕の横を一緒に歩いているのに気がついた、そしてそれが誰なのかと見てみたんだ。

He was a big fellow, a Marine about 6’4” and built proportionally.

彼はとても背の大きな人だった。海兵隊の一人で、190センチぐらいの、プロポーションの整った鍛えられた体だった。

Funny, but I didn’t know him, and I thought I knew everyone in my unit.

おかしいことに、僕は彼を知らなかったんだ、自分の部隊のメンバーの事はみんな知っていると思っていたのに。

I was glad to have the company and broke the silence between us: “Chilly today, isn’t it?” Then I chuckled because suddenly it seemed absurd to talk about the weather when we were advancing to meet the enemy. He chuckled too, softly.

ともあれ、僕は一緒に歩いてくれる仲間がいてうれしかった、とその時、その静けさを打ち破るように彼は言った、「今日はとっても寒いね〜!」僕はくすっと笑ったよ、だって天候の話なんてちょっと馬鹿げてると思ったからさ。だって、僕たちは敵に会うために前進しているんだから。彼も少しくすっとわらった。

“I thought I knew everyone in my outfit,” I continued, “ but I have never seen you before.” “No,” he agreed, “I have just joined. The name is Michael.” “Really?! That’s mine, too.”

「僕は、僕の部隊のメンバー全員、知っていると思ってたよ、だけど君を見たことはなかったな」「いや」彼は認めて言った、「僕は入ったばかりなんだ。名前はマイケル。」「ほんとに?僕と一緒だ!」

“I know,” the Marine said, “Michael, Michael of the morning….”

「知ってるよ」その海兵隊は言った、「マイケル、夜明けのマイケル・・」

Mom, I was really surprised that he knew about my prayer, but I had taught it to many of the other guys, so I supposed that the newcomer must have picked it up from someone else. As a matter of fact, it had gotten around to the extent that some of the fellows were calling me “Saint Michael.”

お母さん、僕はほんとに驚いたよ、彼が僕の祈りを知っていたとは。でも僕はそれまでに、他の仲間にもたくさんこの祈りを教えていたから、きっとこの新入にも、他の誰かから伝わったのかも知れない、と思った。実際のところ、それがちょっと大げさになって、ある仲間は僕のことを「聖マイケル」なんて呼んだほどだった。

(つづく)