スポンサーリンク







いよいよテストを受けることに

いよいよPermitが切れる間際になって、ロードテストを受けなきゃ!まず予約!ということで、このロードテストもインターネットから予約できるようになってます。

ロードテストを行っている場所(結構たくさんあります)と、日時と時間を選ぶことができるんですが、これが毎日やっているわけではなく、会場によって開催日がまちまち。

まずはうちから一番近い場所、Riverheadでやっていたので予約しました。それからほぼ毎日通って、テスト当日の集合場所近辺で練習、もちろんパラレルパーキングの練習もいやというほどやりました。

そして迎えた試験当日、初めてということもあってもちろん緊張もあったし・・・その試験管がちょっと厳しい人だったこともあって、のっけからダメ出しされて、その後も結局ダメダメだったんですよね・・・ありとあらゆるところでポイントが加算されて案の定パスできず。。

テスト終了後、その惨憺たる結果を見て夫が鬼のように怒り、その怒り収まらず、次の日も朝から怒鳴られまくり、という状況でした。。(号泣)

そのテストの点数の付け方ですが、失敗するごとにポイントが加算される方式で、各チェック項目によって5点、10点、15点と点数が変わります、そのチェック項目に失敗すると点数が加算されて、30点まで行くと落第、という方式です。私のこの時の点数は・・・見たくなかったのでチェックしてません!💦

一縷の望みをかけて再度挑戦!Centereach

で、もうRiverheadでは私のpermit期限内にはロードテストがない、他の場所に行くしかない、というところで、次に近い場所、Centereach(センターリーチ)という場所が唯一、期限内でロードテストをやっていたんです。もうすぐさま予約を入れて、ここでパスしなければ後がない、またpermitを取るところからやり直し、という状況にまで追い込まれてしまいました。

Centereach・・・? なんて行ったことないし、大丈夫かな・・・💧と不安も募る中で一つ、YouTubeでそのCentereachのロードテストで通るだろうコースをドライブしてくれる動画があったんです。

何を教えるわけでもないんですが、それを1回見ておいて、それが良かったんです、というのは実際そのとおりのコースをテストでも走ったので、ある程度心の準備ができたんですよね。テストでは一般道を走るとは思ってなかったんですが、この動画の通り一般道にいきなり行くコースだったので、これを見ていなかったらまた緊張が募っていたかもしれません。。

Riverheadの時は「このルートを走るよ」と教えてくれた地元のスクール講師の言葉を信じ、ひたすらそのコースばかりを練習で走っていたのに、テストでは全く違うコースに行ったので、それもあってテンパっちゃったみたいなんです。

見事!パラレルパーキングも大成功!

さて、肝心のパラレルパーキングですが、テストではなんとパーフェクトだったんです!というのも、そのCentereachの会場に行く直前、最後の練習としてパーキングを練習した時に、最初はどうしてもうまく行かなくて、ほとんど諦めていたんですが、

(たとえパーキングができなくても30点マックスでfailのところの15点加算されるだけなので、他が大丈夫であればセーフ)

直前練習をやっている中で、ハンドルの切り方がほんのちょっとタイミングがtoo lateだったようで、それが原因でうまく行かないことが直前ギリギリでわかったんです。それがわかってからパーキングがうまく入るようになったんですよね〜。やはり、テストのためにめちゃめちゃ祈ったので、その祈りが聞かれて、神様が教えてくださったんだと感じました。→大抵、いつもギリギリの崖っぷちのタイミングです💦

実際のテストではパラレルパーキングだけではなく、Riverheadで言われた他のたくさんのポイントも「あれ?できちゃった、あれ?これもできちゃった・・」っていう感じで全てスムーズにクリアすることができ、不思議なほどに全部うまくいきました。

かつ、試験管がとても優しい、フレンドリーな若いお姉さんで、そのことも手伝ってとてもリラックスして運転できて、結果、

0点満点で合格しました〜!

もう合格が決まった時には・・・正直泣きましたよ・・😭💧 

天ぷらで祝杯、ならぬお祝い

ロードテストが終わった、もうその時点でパスしたかどうかがわかるわけですが、「合格です!」と言われて、もらったのは小さいレシート状の紙っぺら一枚。。でもそれが、本物のライセンスが届くまでの証明書なので、しっかりそれをキープしておくことが大事、ということで、自分のpermitと一緒に財布にしまいました。

その後は・・・アンソニーと抱き合って喜び合ったのは言うまでもありません。。体の力が全て抜け落ちたような、腑抜け状態で運転を変わってもらい、帰途の道の道すがら、近くで見つけたジャパニーズレストランに行って、ちょっとお祝いしました。天ぷらに春巻き、こんなささやかなものでも気分はヒトシオです!と言っても、まだほとんど食べ物が口を通りませんでしたが、それでも安堵に包まれて、忘れられない一時となりました。

ロードテスト料はありませんでした

そういえば、ロードテストを受けるにあたってのお金は一切払ってないんです。2回目までは無料なようで、3回目以降に別料金がかかってくるようです。

数日後、私のPermitの期限が切れたための、免許の更新料$80ぐらいを支払ったのみでした。やはりアメリカの運転免許にかかるお金って、日本とは比べ物にならないほど安いな〜というのがわかります、やはり車社会ですもんね。

というわけで、晴れてDriver’s License を取ることができ、また一つ大きな壁を乗り越えることができました。

夫に感謝!そして神様に感謝!😭💮