前回の記事で、Lordの発音を取り上げたのですが、その中で出てきた母音、オー、発音記号では[ɔ:]と書きますが、この音について取り上げたいと思います。

Lord | lɔːrd |

実はこの発音、[ɔ:]とは、私にとっても今まで??の部分がある音で、ちょっと苦手意識があったんですね。というのは、同じ発音記号でも言葉によってサウンドが微妙に違って聞こえて、なんとなく掴み所がないのかな〜と思っていたからです。

まさに私にとって、[ɔ:]はくせ者だったんです。

それが最近、Aha! 💡なるほど!と解明したんですよね〜、その時は嬉しかったな〜。。実はここにも、発音記号では表せない、ある法則のようなものがあるようで、それを発見した時にはもう、今までの疑問がす〜っと雲が晴れる、そんな気持ちでした。

今回はそんな内容をぜひみなさんにシェアさせていただきたいと思います。

くせ者の[ɔ:]を含む言葉

まず、ここに[ɔ:]を含む単語をサンプルで並べてみますね。

straw | strɔː |

sauce, | sɔːs |

pause | pɔːz |

for | fɔːr |

(↑こちらは割とはっきりと発音した場合の音)

storm | stɔːrm |

born | bɔːrn |

これらの単語、最初の母音は全て[ɔ:]と表示できます。

通常、[ɔ:]の発音は、オの口でアを言う、オとアの間ぐらいの音になるんですね。

上記の単語で言うと、最初の3つはそんな発音です。
しかし後半の3つの音は、そんな音では発音せず、日本語のオの音により近い音になるんです。

なぜ??

・・ここまでが今までの私の??を生み出していた部分でした。

みなさんは、なぜだかわかりますか??

上記の綴りや発音記号を見て、ピン💡と来ておられるあなた!かなり勘が鋭いお方です!

実はこの綴りにちょっとした法則が見えるんです。

[ɔ:]+r、の法則

それでは、その法則をご紹介します。

後半の3つ、よりオに近い音になる発音になる単語は、[ɔ:]のあとにrが付いているんです。ということは、

[ɔ:]でもrにつながる音は、よりオに近い音になる、

ということが言えます。

こちらに、私もファンで、かなり参考にさせていただいている「あいうえフォニックス」の動画をご紹介します。この動画で、そのことがよくわかりますので、ぜひ御覧ください。
動画の中では、今回のような解説が付いているわけじゃないですが、その発音のサウンドを聴けば理解していただけると思います。 サウンドに注目です!

ぜひこれら3つの”オー”のサウンド、聴き比べてみて下さい👂

⚫あいうえフォニックス・or オーの発音

⚫あいうえフォニックス・au オーの発音

⚫あいうえフォニックス・aw オーの発音

※ちなみに、フォニックスとは、英語の綴りで発音を作っていくセオリーなので、発音記号からではありません、そこだけご注意ください。

より発音のサウンドを豊かに!ダイナミックに!

英語発音って、ほんのちょっとのサウンドの違い、なんですよね〜。。

今回取り上げた母音”オ”でも、もちろんこれ以外にも、OUと二重母音だったり、伸びる音、短い音、よりアの音に近いオ、などさまざまあるんですが、

発音記号だけでは見えてこない、変化する音の一つとして、[ɔ:]の音をご紹介しました。

というより、ネイティブの人はほとんど発音記号の読み方も知らないで話してると思いますし、サウンドが重視の言語なだけあって、知らないで、ものすごい数の発音を仕分けているんだと思うんですね。

サーモンの発音の記事でもご紹介しましたが、この母音一つでも違う音になっただけで言葉が通じない、ということが起こっちゃうわけですから、ほんとにやっかいな言語です。。

しかし、その発音のバリエーションの豊富さが、英語のサウンドをより豊かに、よりダイナミックにしているので、そういう部分を取り込むためにもぜひ、私達の口も鍛えて、サウンド豊かな言葉、発音にしていけたらと思います。


英語発音無料メールレッスン開講中!

無料メールレッスン登録はこちら

* indicates required