今までさまざまな方を指導してきて、

結構大丈夫だと思っていて見過ごしがちなのが、実は・・

かな〜という気がしています。

L、という音、日本語のラリルレロととても似ているので、すぐにできるような気がするのですが・・・日本語と英語と並べて発音すると、やはりサウンドが違うんですよね。

でもそれを、どのように教えたらいいのか・・・と試行錯誤してきました。

できているようで、なんとなく違う気がする・・(うむむ・・🤔💧)

と常々思っておったのですよ。

で、気がついたのが、やはり

舌の形や力かげん、プラス、サウンド

なのです。やっぱりここは見逃せないな〜〜!!

というわけで、動画解説作りました。↓↓

スポンサーリンク







結構重要な舌の位置

日本語のラリルレロだと、舌先が上顎に付き、英語だと前歯のすぐ上辺りの歯茎に付く、この違いがあります。

次に大事なのが、その形です。

動画でも説明していますが、舌がスプーン状🥄のイメージなのですね。

しかもその舌先で歯茎をぐぐっとプッシュして、圧力をしっかりかけるようにし、その圧力を開放して、舌先を勢い良く解放する、この音がLの子音の元になりますね。

Lの時の、口の響きにも注意

舌を前歯上の歯茎あたりに付けたLの状態で、舌のスプーンと上顎の間に声を響かせウー、と音を伸ばしてみて下さい、

それが、Lの発音の音になります。

そのLの舌の状態からスタートして、

ウー・・ラァ、ウー・・・リィ、ウー・・ルゥ、ウー・・レェ、ウー・・ロォ

と、母音を付けて練習してみましょう。

この音ができたら、ぜひ日本語のラリルレロと並べて発音してみてください、その音の違いがはっきりと出ていると思いますよ!