今回は、英語は、サウンドがいかに大切か、私もいまだに痛感している、というお話をしたいと思います。

うちでは毎日、夕食のときには映画のDVDを観るのが恒例になっていまして、文字通り、毎日毎日、映画を(はい、もちろん全て英語で)観ます。

もう今までで何本映画を観たかわからないです。

でも今では、夕食のときには映画を観る、というのが当たり前で、一日の楽しみにもなっています。

スポンサーリンク







映画「The Sapphires」を観た日の会話

さて先日、映画「The Sapphires」を観ました。

Sapphireとは、宝石のあの、サファイア、💍のことです。

この映画、本当にあった話が土台になっていて、素敵な歌がたくさん!

私の好きな昔のソウルナンバーももたくさん出てくるし、ストーリーも素晴らしいし、本当におすすめの映画です。

日本語で出ているかどうかわかりませんが、ぜひ見つけたら観てみてくださいね!

(今調べたら、2014年にソウルガールズというタイトルで日本でも公開されてるようですねー)

ところで、このsapphire って、どう発音すると思いますか?

ここでちょっと発音してみてもらえますか?

・・・

・・・

日本語にもなっているこの言葉、サファイア、って言うと、自然に、ファの音に若干アクセントが来ませんか?

で、表題の件なんですが・・・

この映画を観る前の一時、まあ、その日のひと仕事を終えて、夕食の準備にとりかかろう、というその時の会話です。

夫:今日の映画・・・何?

私:「ザ・サファイア」ってやつだよ。

夫:え?何?

私:だから、「ザ・サファイア」だよ。あの歌のグループが出てくる・・

夫:Huh?? What is it?

私:・・・ちょっと正確な発音がわからないわ〜「ザ・サファイア」!

夫:・・・あ〜、The Sapphires (サーファイァz)ね。

私:・・・あ、そうそう、サーファイァz(心の中であっけにとられている)

え?これでも通じないんだ。。と、正直すごく驚いたんです。

私の発音は、ファにアクセントがある、日本語的な発音でした。もちろんファのFも、最後のR、Z、ちゃんと全部発音しましたよ。

この言葉には、オとアの間の音、とか、あいまい母音とか、難しい発音は何一つない、そんなに難しい発音であるはずがないのに・・・なぜに通じない??

が、しかし!

違うのは発音ではなく、アクセントの位置、だったわけですね。

サーファイア(サーにアクセント)と言わなければ、通じなかったんです。

発音が知りたい方はこちら→SAPPHIRE

多少アクセント違ってても、わかってくれるかなーと思いきや、ちゃんと発音しても、アクセント違いで通じない、とは・・・

これ、英語って本当にやっかいですよね。

それでいて、英語のスペルは、ものすっごい簡単な言葉でも、これスペルなんだったけ?ってよく聞かれるのは、私の方です。

彼はスペルは苦手なんですよ・・・不思議ですよね〜

どれだけサウンド重視の言語か、ということがよくおわかりいただけると思います。

やはり英語はサウンドが合っていてなんぼ!発音が合っていてなんぼ!の言語です、

その両方を訓練できる、歌も使った発音レッスン、間違ってない!!

やっててよかったな〜と思いました。(笑)