スポンサーリンク







Hosannaの英語発音

Hosannaとは、もともとは英語ではないのですが、聖書に出てくる言葉で、神を賛美する言葉としてとてもポピュラーで、さまざまなゴスペル曲にも出てきます。

この言葉はもともとはラテン語、osanna または hosanna、で、「どうか救ってください」という意味だそうです。

その言葉がヘブライ語の言葉で hosha na(ホーシャナー)のギリシャ語からくる意味に由来して、意味も神を賛美する言葉、として定着したのだそうです。

なぜなら新約聖書はギリシャ語で書かれてあり、ホサナという言葉も新約聖書に出てくる言葉なんですよね。

イエスのエルサレム入城の際に人々が歓呼して叫んだ言葉、ホサナ

毎年4月あたりに来る「イースター」という祝日、ご存知ですか?キリスト教会では、それはそれは盛大にお祝いされる日です。なぜならイエス・キリストの復活をお祝いする日なのですね。

そして、そのイースターの一週前の日曜日が「しゅろの祝日」、英語では「パームサンデー」と言って、この日パーム(やしの木)の葉が教会で配られます。

それは聖書で、イエスがエルサレムの神殿に入られる時に、ロバの子に乗って入られた(旧約聖書の言葉がここで成就した形)、そのイエスを人々はパームの葉や、来ていた上着をその道に敷いてイエスを歓迎し、「ホサナ!ホサナ!」と叫んだ、というお話から来ています。(マルコ11:9、マタイ21:9 など)

そして今でもその日を記念してお祝いするのがパームサンデー、というわけです。

ちょっと説明が長くなりましたが、この言葉にはこんなバックグラウンドがある、ということを知っていただければと思います。

そして、日本語でホサナ、またはホザナで定着している言葉が、英語ではどう発音されるのでしょうか・・動画でチェック!ぜひ一緒に練習してみてください。

Hosannaの発音解説