スポンサーリンク







表情筋のトレーニングにもなる発音パターン練習

今日レッスンをしていて、生徒さんが何気なくつぶやいた言葉、

「この練習、老化現象にも効くと思います・・・」

なるほどぉ・・・そのとおりです!!👍

英語発音パターンの練習で、口周りの筋肉→頬、唇、鼻の下、顎・・・

だけではなくて、呼吸から舌の位置などなど、さまざまな筋肉を組み合わせて使っていく練習をします、

日本語では使わない筋肉ばかりですので、なかなか難しいと感じる方も多いです。

なので発音パターンの練習をしていくと、やっているうちに口周りをはじめ、顔や体がじんじんと温まってくるんです。

私自身、発音のレッスンをした後はいつも、体が汗でじっとりするぐらい熱くなるんですよ。

特にいま、コロナの関係で人に合う機会も少なくなってきていますし、なかなか体が熱くなるぐらいまで話す、ということもなくなってきているのではないでしょうか。

ぜひ老化現象を防ぎながら、かつ、英語発音も身につけてしまいましょう〜!!(笑)