いきなり質問です^^

seat,  sheet

この2つの単語をどう発音しますか?もしくは、

sip, ship

この2つはどうでしょう?

実はこれらのペアは、発音レッスンで子音の音を確認練習していただいた最後の段階、子音リストに出てくる言葉です。

これらの発音を最初からきちんと仕分けられる方とは・・・実はかなり少ないんです。かなりの確率、8〜9割ぐらいで混同している場合がほとんどです。

これらをカタカナ英語にすると、それぞれのペアで同じ、シート、シップになってしまいますので、そのカタカナ英語のイメージが自然に私達の頭にインプットされている、ということの現れだと思うんです。

そのカタカナ英語からどうやって打開していけばいいのか?

今回はそんな事を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク







文字情報からの発音は混乱をまねく

このブログで何度かお伝えしていますが、日本語のクセで、私達は目で見た情報で発音しようとします。

すると、sishiも同じ、として認識するんじゃないでしょうか?

(実際、この文字を見て、シと頭に思い浮かびませんか?)

ということは、目で見た文字情報からでは発音の混乱が起きる、ということが言えると思います。というか、それを定義づけたいです、私の本音では。

なので、その混乱を打開するためには、そこから離れて、なにか別のアプローチが必要になってくるんですよね。

どんなアプローチが効果的なんでしょう?

文字じゃなくイメージを大切に

答えはズバリ、イメージです。

文字じゃなく、その単語が意味しているイメージを思い浮かべることが効果的です。

英語の早口言葉(=tongue twisterという)で有名なところでは、

「she sells seashells by the seashore.」

がありますね。このsheとsea が同様に混乱を招くんですが、

sheは・・・sh音で、

seaは・・・s音だからスィ

と子音の違いをしっかり発音し分けなければいけないのです、

がしかし、いちいち理屈を考えてながら発音していたのでは、いつまでも混乱は無くなりませんし、実際発話している時に、そんなに考えている時間も余裕もないですよね。。

そこで単語の意味をイメージするんです。

she=彼女=👩→シー

sea=海=🌊→スィー

このイメージと発音をしっかりつなげていくこと、が最大のポイント💡となります。

いたって単純なことなのですが、ここががっちりつながっているか?と言うと、そうでもなくて、”文字づら”だけを見て発音していたり、もしくは日本語を介して英語にしようとする回路というのは、そうなかなか無くならないものです。

やはりそれを意識して、ダイレクトにイメージにつなげる訓練を繰り返していくことが大切ですね!

次回に、実際どのようにしていくかを見ていきましょう。