ぼちぼちと、ではありますが、

ボイトレ・オンラインのレッスン、モニターになってくださった方々とレッスンをさせていただいていまして、だいぶ手応えを感じています。

そして来月、8月から正式に、ボイトレオンライン、スタートするつもりで、準備をしています😄👍

オンラインの不便さもありつつも、個人対個人、顔と顔を合わせたレッスンだからこそできる、より細かな指導というのが、本来の個人レッスンとはまた違う利点だな〜と感じています。

今回はそんなレッスンでもやっていて、効果が比較的出やすいな〜というものを、英語発音を使ってさらにわかりやすい形に改良しました、中音域強化のエクササイズをご紹介したいと思います。

名付けて、「Happy ボイトレ・エクササイズ!」

この方法は特に、

  • 中音域が安定しない人
  • 裏声の発声が定着している人
  • 息が続かずに困っている人

などなどにおすすめです。発音を使ったアプローチでわかりやすくできますよ、

絶対に笑顔になっちゃうこのエクササイズで、顔も心もHAPPYになってしまいましょう♫

※このエクササイズを行う前に、リップロールで喉を温めておくことをオススメします。

→ブログ記事「リップロールは英語発音にも効く」の最後に音声ファイルを載せています

スポンサーリンク







ae音〜前に流れるアの母音

まず、地声に近い形で声が出しやすい発音として、ae音を中心にエクササイズを進めていきます。

ae音とは、エの口でアを言う、アの母音の一つです。

わかりやすいところで言うと、Apple、Cat、Man、Japanの-pan などの音、になりますね。

そのae音をまず練習し、舌の形や位置を確認しつつ、

  • アの音が[喉の奥]からしっかり出る
  • さらに口の前に流れるようなイメージ

の2つのポイントを抑えて出せるようにしていきます。

その後、H音からスタートする言葉、HAPPYを使って、裏声に近い形でae音を出し、音階をつけつつエクササイズを進めていきましょう。

エクササイズの内容を動画にまとめましたので、まずはこちらと一緒に声を出してみてください。

まず自分のクセを見極めよう

歌う時の姿勢、とは、往々にして、かなりクセがある場合が多いのです。

クセというのは自分で知らないでやってしまっている事ですので、そのクセがあるおかげで歌が歌いにくい、声が安定しない、という場合は、そのクセを直す必要があります。

動画でも言っていますが、かなりの確率で、舌が引っ込んでいる方が多いのが現状です。

ですので、ぜひご自分で鏡を見ながら、自分の舌の形や位置を確認しながらやってみてください。

クセが発見できれば、もう半分は改善できたようなものです、それを直していくのにあと半分の作業と努力が必要ですね。

ぜひae音を使って、ご自分の声をリセットしていきましょう。

エクササイズはまだこれでは終わりませんよ😁

続きは次回にお届けします♫