日本にいて日本語の生活をしていると、なかなか英語を使う、または触れる機会ってなかなかないのが現実・・・

英語=勉強、というイメージが強すぎて、なかなか勉強が進まない・・とお悩みの方も多かもしれません。

英語は勉強するものじゃない!

と言ったら、かなり語弊が出るかもしれませんが・・いや、勉強は必要なんですよ、

やはり文法は英語を話す上で必要で、英語のルールは知っておくべきだと思います、が、中学校で習う英文法を知っておくだけで大抵のことは話せる、という学者がたくさんいるぐらい、文法は基本を知っておけば大丈夫だと思ってます。

という私も「指示代名詞」とか「不定代名詞」とか言われたって、説明できないですけれど、知らないでそういった内容のこと話してたりすると思いますし。。。

それよりも英語はあくまでもコミュニケーションの手段なので、普段の生活で、もっと英語にふれる機会、話す機会を作ったほうが、勉強しているという感覚ではなく、もっとリラックスした形で自然に入ってくると思うんですよね。

それを誰でも、手軽にできる方法があるんです。

これ、なにも外国人の友人を作って、とか、道で出会った外国人の観光客に話しかけて、ということではないですよ。(いや、できる人はどんどんやったらいいと思いますが)

英語でコミュニケーションする対象は・・

ずばり、スマホです!📱

スマホを相手に英語で話していろいろと使える方法がありますので、今回はそんな方法をご紹介します。

スマホの言語をEnglishにしてみよう

まず、スマホ自体の言語設定をEnglishにしておきましょう。

すると、例えば日付だったり、メールをやりとりする際の送信、受信と言った言葉が英語表記に変わりますね。これだけで、英語を目にする機会ががぜん増えるはずです。

でも、ちゃんと日本語入力も変わりなくできるので、もちろんメールやLINE、チャットなどのやりとりは、いつもどおり日本語でできます、そこは安心してください。

・AIを使ってEnglishでやりとり

単語の綴りがわからない場合:

私の夫アンソニーは実は、英語の綴りがあまり得意ではないのです。

なのでメールを書く時など、頻繁にiPad に単語を「○○○!」と話しかけて、スペルを確認してます。これだと楽だし早いからですね。

このように単語のスペルがわからない時は気軽にiPhone、iPadではSiriに聞けます(→ホームボタンを長押しすると起動できます)、その話しかけた言葉を文字にして画面に出してくれますよ。

アンドロイドだとGoogle翻訳とかGoogleアシスタントでもいけますね。

もしくは辞書アプリでも、単語を入力する代わりに音声入力で話して、単語を認識させるなど、音声入力をどんどん活用してみましょう。

単語の発音がわからない場合:

逆に単語がわかっていても発音がわからない場合は、単語のスペル+発音、で検索するとすぐに出てきますね。

例えば、[frivolous]という単語に出くわしたとします、この単語の発音が知りたかったら、[frivolous 発音]で検索すると、こんな画面が出てきて↓↓

スピーカーマークをタッチするとしっかり発音して聞かせてくれます

最近ですと発音して聞かせてくれるだけではなく、[Practice]というボタンをタッチすれば自分で発音した音が正しいかどうかをチェックして、さらにどのように発音すればいいかまでアドバイスをくれるんです!

この音声認識、かなり手強いですが・・・何度も発音するうちに気がついた時にはすっかり発音が頭に記録されますね〜

・自分の言いたいこともスマホで変換

スマホのアプリ、Google翻訳を使うと「こういう時、英語でなんて言えばいいのかな〜?」という時に便利です。この時には日本語で入力する形になります。

日本語で言いたいことを言い、それを英語にして翻訳してもらう、という作業です。これですと単語でも文章でもいけますね。

反対に英語入力にして、英語の単語、もしくは英語の文章を音声入力して、思った通りの日本語訳にちゃんとしてくれるか、という確認にも使えますね。

英語でスマホを使い倒す

他にももっと、いろいろと使い道があります。

まず、「Open ◯◯ 」とスマホアプリの名前を言うと開いてくれますし、何か写真や画像を見たい時に 「Show me a picture of ◯◯」というと出してくれますね。

あとは例えば、

・今日の天気を聞いたり
What’s the weather like today? Is it going to rain tomorrow? など

・時間や日付を確認したり
What time is it? What date is today? What day is Easter this year? など

・タイマーやアラームをセットしたり
Set a timer for 5 minutes. Set an alarm at 6 am tomorrow. など

・行きたいところまでの距離や時間を聞いてみる
How far is the nearest station from here? How long does it take to get to the ◯◯ hospital by car? など

・計算式を言って答えを出してもらう
What’s 250 times 4? What’s 45 divided by 9? など

などなど、ちょっとした調べ物をしたい時にとっても便利です。

私は結構、数字の換算で使うことが多いですね。パウンドをキログラムにしたり、マイルをキロメートルにしたり、温度の華氏を摂氏に直したり。。アメリカの数字の単位は日本のそれと全然違うので、未だに苦手です・・・💧
What’s 1 pound in a kilogram? What’re 2.5 miles in kilometers? What’s 52 degrees in Celsius? などなど・・・

この際に、どう英語で聞いたら良いのかな、と思ったら翻訳アプリで英語に翻訳してもらいましょう。

なにしろ、普段からもっと英語にふれる機会、英語で話す機会を、どんどん増やして手軽に使って、ご自分の生活の中にどんどん取り入れてみてください。