発音レッスンをしはじめて、たくさんの方々の発音を指導する中で、私の中でも発見したり、気づいたことがたくさんあり、私のほうが逆に学ばせていただいているな〜と思う、今日このごろ。

私も含めて、なのですが、レッスンを通して感じることは、日本人は根本的に、というか、無意識に、文字を見て発音しようとします。

そうして、どうしても綴りにつられ、綴りに引きずられてしまうんですね。

そうすると、ご存知の通り、英語には、綴りにあっても発音しない音、というのがたくさん存在しますよね。

trouble はトラブルで、トロウブルとは読まないし、

Island はアイランドで、アイスランドとは読まないし。。

そこで、こういう綴りのときにはこういう音を・・・と、今度は理論的に理解しようとがんばる、

例えば、先のtroubleのou の綴りは小さいアで発音することが多いんですが、こんなふうに、なんとかパターン化しよう、とする、

それはそれで、とてもためになるとは思いますが、そうなると、逆に複雑に考え混乱を招く、という結果になりがちです。。

スポンサーリンク







日本語と英語は決定的に違うと思い知った瞬間

で、ある時、ある生徒さんから言われたことで、それが心にストーンと落ちたんです。

「日本語は視覚言語、英語は聴覚言語だ」

ということなんですね。なるほど!と思いました。

例えば、日本語で「コウエン」と言った時に、公演なのか、公園なのか、講演なのか、聞いた瞬間に、話している文脈から文字を頭に思い浮かべて理解している、知らず知らずに、文字の意味から考え、理解していますよね。

のに対し、英語では、上記3つの単語は、perform, park, lecture, と全く綴りも異なります。そしてこの綴り自体には漢字のような意味は持ちません。

英語はサウンド第一、耳から聞いた情報が中心で、話しているときにはそこに、この言葉がどういう綴りなのか、とは全く考えないと思います。

こうやって考えると、面白いですね。

こちらに、脳科学的に詳しく説明しているサイトがありますので、興味のある方は一度御覧ください。

私たちが無自覚でいる「日本型」の構造その8=視覚的には効率的に、聴覚的には繊細に受発信する日本語

で、発音だけでなく、英会話の方もそうですが、教える側に立って、つくづく、

ここに尽きるな〜!💦💦

と思うわけです。

私も含めて、なのですが、英語を、日本語の感覚で理解しようとしてしまう(無意識に)ここが、英語をより難しくしている大きな要素なんだと思います。

そんなことがこちらのサイトでも説明されています。

『視覚型言語』と『聴覚型言語』では大違い

そこで、私のレッスンでは、最初の段階では、英語を発音するための口や舌の筋トレが大事なので、

まずは、科学的に構築された発音トレーニング本、ザ・ジングルズに則って、理論的に、詳しく、正しい筋トレを行って行きます、が、

ある程度慣れてきたら、文字は見ないで、音声を聞いたまま、そのまま真似して、何度かコピーしてから、本を開いてください(=文字を見る)、と指導しています。

耳、聴覚をどんどん研ぎ澄まそう!

英語は耳から聞いた情報が一番!だから一つも聞き逃さない!ぐらいの研ぎ澄ました感覚が必要です。だって、耳からの情報だけが頼り、な言語ですからね。

先程のサイトから引用させていただけば、

『かきことば/文』を中心とする東アジアの言葉は『文字を聞き』『文字を話す』言葉であり、
『はなしことば/言』を中心とする西欧の言葉は『声を書き』『声を読む』言葉である

この、「声を書き」「声を読む」という感覚、

実に奥が深いですね〜〜!!

こういった感覚は、自分が発音できるようになると、どんどんその発音が耳からも聞こえてくるようになり、

そして聞こえてくる量がどんどん増えていって・・・結果的にリスニング力がアップ!につながってくるんですね。

発音にはイメージも大切

また発音ばかりやっても、発音だけに意識をとらわれてしまう、という結果にも陥りがちです。

そうすると、発音をしている言葉の意味が二の次になり、無機質の、感情のない言葉になってしまいます。

また混乱しやすいs音とsh音の違いなど、混乱が混乱を生み、もうやだ〜〜!となってしまうんですよね。

やはり言葉にも意味づけがともなってくると、そういった混乱も少なくなっていくと思うんです。

次の記事ではそんなお話をしたいと思います。