「○○がこう言ってたんだ〜」

「その時に○○って言ったらさ〜・・・○○って言われちゃったよ」

こんな感じで状況を説明すること、よくありますよね。

これを英語で話そうとすると・・・

時制が過去になるから全部過去形になって〜、さらに彼の/彼女の友達のことを話してたからhis/her friendになって・・・と、

話しているうちにだんだん頭が混乱してくる・・・🌀🌀

なんて思ったことありませんか?

そんな時に簡単に使えるのがふきだし💬の形で説明する、という方法です。

これですと、過去に起こったことも、その時に話してた時制でそのまま言えばいいだけなので、なんともすっきりと説明することができるんです。

スポンサーリンク







あっぱれ!ジョンくんの主張に大人もなっとくです

最近発見したこちらの動画で、10歳の男の子、ジョン君の話し方がまさに、このふきだしの形でお話していますので、こちらを参考に説明したいと思います、

まずは動画をご覧ください^^↓↓

30秒あたりからジョン君が話し始めていますが、彼が学校のボードミーティングの中で、彼の意見を発表したことが話題となっています。

学校ではマスク着用が必須で、先生方もことマスクに関してはとても厳しい、そのおかげでストレスだし、お友達や先生の顔がマスクしているせいでわからない、ということを訴えたようです。

ジョンくんの説明に見る、ふきだし会話

そのジョンくんの話で頻繁に聞こえてくるのが・・・likeという言葉。

I was like….

She was like…

It’s like….

こういう言い方は、もうめちゃくちゃ頻繁にネイティブの会話では使われます。聞いてるとlikeの応酬、という感じです。

1分13秒あたりから、ジョンくんとクラスメートの女の子との会話の話をしていますが、このような感じで話してます。

So when I bumped into her at the school, I said ” oh hi!”,
and she’s like…” oh wait, that’s you?”
and I’m like…” oh… oh yeah…that is me.”
She’s like “oh, hi John! I really don’t see your face because all I see is just your eyes…”

(日本語訳)
学校で(クラスメートの)彼女に出くわした時に「オー、ハーィ!」って言ったんだ、
そうしたら彼女は(ちょっと間を置いて)「ん?待って・・・ジョンなの?」
で、僕も(ちょっと間を置いて)「そ、そうだよ・・・僕だよ」
それで彼女は(やっと気がついた感じで)「ハイ、ジョン!あなたの顔ってわからなかった、だって(マスクしてるから)見えるのは目だけだから・・・」

と、こんな感じで、臨場感たっぷりに説明してくれました。

この中でジョン君が言っているshe’s like とはshe was likeが短くなった形ですね。

このふきだし、というのは、だれかが言った言葉、という意味でのふきだしです。日本語での「○○」(かっこ)と考えるとわかりやすいですね。これは英語ですと ”○○” にあたります。

そして会話では、likeのあとにふきだし部分を付け足すだけでいいんです。

このふきだし部分は、その時、その場にいた人が言ったことをそのまま言うことができるので、シンプルで簡単、しかも実に情景がありありと浮かんでくるような話し方にできます。

そして過去に起こったことでも、その場にいた時に言ったままを言えるので、現在形でもまったく問題ありません。

ふきだしの部分は主語や時制を気にせず話せる、これは楽ですね!ぜひ会話の参考にしてください。

タッカーさんも感心した一言、Insanity

最後にジョンくんは、マスクはまったく科学的根拠がない、意味がないと思う、と言い、にもかかわらず先生方がマスク着用をすごく厳しく言いつける、時には怒鳴りつけることもある、でも暑い中で7時間もマスクを付け続けなきゃいけないのがストレスだ、と言っています。

”It’s just… Insanity…”

それはもう。。。狂気だ。。。

とポツリと言ったジョンくんの言葉に、司会のタッカーさんも感心した様子です。

この一言、まさに的を得た言葉ですよね〜

ジョンくん、あっぱれ!!