きっとほとんどの人が、毎日忙しい日々を送っておられますよね、

 ACE&Musicのプログラムを受講してくださっている方も、みなさんほんとう〜に忙しい方ばかりです。

特に日本は本当に忙しい!!日本に行くたびにそう感じています💧

お仕事の関係、または子育て中の主婦の方など、日々何かに追われていて、最初は英語発音のために練習時間を割く事自体、難しいかもしれません。

私も今、個人的に英語の勉強を続けているのですが、夜は疲れてとてもとてもできないので、勉強は午前中、と決めています。

実は、主人の仕事を手伝う関係で、主人のスケジュール次第でどんどん振り回される立場にあり、なかなか自分で予定を立てるということも難しいんです(涙)

しかし、唯一時間を比較的自由にできる時間帯があります。それが午前中、です。主人は大抵朝はゆっくり寝ていますから(笑)急に何かを頼まれたりすることもありませんし、安心して勉強を続けていられます。

これはもう習慣になっていますね。

スポンサーリンク







習慣にすること、がポイント

実は、この「習慣化」ということが、毎日学びを続けていくには大きな味方になってくれます。やれるときにやろう、とすると、ダラダラと時間が過ぎてしまい、結局今日もできなかった〜・・・(反省)で終わってしまいがちになってしまうものです。

その反省が積み重なって、勉強するのがだんだんプレッシャーになってきてしまったら元も子もありません。楽しく進めていくことも学びを継続する上でとても大きな要素ですから。

しかし考えてみれば、発音の練習だけであれば、CD音源を再生する機材(スマホやMP3プレーヤー)とヘッドフォンがあって、口が動かせる状況であればどこでも練習可能なわけですね。別に机に向かってやる必要もないわけです。CDのお手本の音声も、プレーヤーの方で1曲のみリピート再生にセットしてしまえば、機器を操作する手間も省けます。

テキストを読む時だけ手が必要になりますが、それが頭に入ってしまえば、要は、耳と口が空いていれば、歩いていようが、電車に乗ってようが、車に乗っていようが、お皿を洗っていようが、ウォーキングしていようが、発音練習は可能になります。

「〜しながら」学習がオススメです

そこでおすすめするのが「ながら」練習です。

通勤時間とか、お昼休みとか、朝や夜のウォーキングの時間とか、毎日普段続けている動作の中に、口と耳が開いているときはありませんか?そういった、普段のルーティーンの行動の中に、発音練習できる時間を組み込むと、その時間は否が応でも確保できているわけですから、無理なく練習が毎日続けられます。

通勤しながら〜

車の運転をしながら〜

料理を作りながら〜

お風呂に入りながら〜 などなど。

私はジムに行ったときやジョギングするときは、何か簡単な英語教材の音声を聞く、聞きながらシャドーイングする、という風に決めています。

時間は自ら作るもの

毎日、5分から10分、どこかで取れる時間、できたら定期的に取れる時間を見つけてみましょう。それが習慣化してくれば、学びはさらに続けやすくなっていきます。

もしくは、同じ定期的に取れる時間でも、会社の昼休みの時に、ランチを食べる時間をちょっとだけ短くして、その中の10分を発音練習に当てよう、とかでも構いません。

なにしろ、短くてもいいので毎日コツコツと継続して行うことが大事なんです。

特に発音のトレーニングは、口の筋トレ、なので、毎日の積み重ねでしか鍛えることができません。

ぜひ一度、自分の毎日の行動パターンをじっくりとチェックして、無理なく、毎日できる時間を探してみて下さい。そして最初はそれを意識して守るようにしてみましょう。

もし難しければ、毎日、テキスト本を1回でも開く、音源を1回でも再生して音読する、だけでもよし、とするぐらいに、ハードルを下げて考えてみて下さいね。