さて今回は、読者さんのお悩みシリーズ、「低音が出ない」もしくは「中低音が出にくい」とのお悩みにお答えする形で記事をまとめたいと思います。

このテーマは以前の記事、「喉の響きって結構大切です」でも取り上げた、喉の響き、という部分と重なりますので、内容が重複してしまうかもしれませんが、本当に重要なので、再度取り上げていきますね。

低音や中低音が出ない、というのはきっと、その音域が響かせやすいのど周りを、普段ほとんど使っていない、なので声が響きにくい、という状況なんだと思います。

スポンサーリンク







中低音が響きやすい状況を作るために

運動でもなんでもそうですが、普段使っていない筋肉を使うためには、やはりその部分のストレッチだったり、実際に使うことを意識して、徐々に慣らして行くことでスムーズに動くようになったり、動く範囲が広がったりするわけです。

これはのども一緒です。徐々にのど周りに声が響くようになるよう、意識して使っていくことがとても重要です。

ただ問題は、どのように使えばいいのか、どうすればのど周りも響くようになるか、ですよね。力まかせにやってしまったのでは、喉を痛めることにもなりかねません。

のど周りを響かせていく、その最初の一歩として、今回は発音からのアプローチでできる方法をご紹介します。

のどの奥から声を出して作る2つの発音

まず最初は「発音の力」を使っていくことをお勧めします。特に英語発音はその発音によってさまざまな部分を使いますから、声の響き、抑揚が豊かに聞こえるのはそのためなんですね。

今回は2つご紹介します。

①声門閉鎖音

声門閉鎖音とは、この名前の通り、声門(声帯)をしっかり閉じた状態から声を出す、というものです。

日本語の母音、あ、い、う、え、お、という音は全て、この声門閉鎖音から始まっています。今ここで、ゆっくり言ってみてください。

「あ、い、う、え、お、」

声門閉鎖音、という音、わかりますか?声帯が閉じている状態からの音、という意味がわかっていただけたでしょうか?

もしわかりにくければ、おトイレで踏ん張っている時の喉の状態を思い出してください(笑)声帯が閉じている状態で、空気の圧力が下からぐぐっとかかっている感じになりますね。そこから一気に力を抜いて、「ア」と発音するとアの音が強く出ますね、このアを作っているのが声門閉鎖音です。

喉で作られている音ですので、そこを出発点としてアの音を捉えると、しっかりと喉の奥から出すことができるようになります。

この感覚で、例えば一番口を大きく開ける発音、ドクターズAの言葉(発音記号は |ɑː| )を発音してみましょう。

God, car, park, star、など・・・

のどの奥の方に声が響くのがわかると思います。

わからなければ、声門閉鎖音からの〜

ア、ア、アー、アー、God

などのように、助走で喉を十分に声門閉鎖音に慣らしてから発音するとやりやすいですね。

②hookなどのH音

こちらは逆に、声帯を閉じずに喉の奥から出す音になります。

この音は、日本語のハヒフヘホとも音が若干違いますので、少しわかりにくいかもしれません。

(厳密に言うと、日本語のヘ、や、ホは英語の発音と一緒だそうです)

例えば、ガラスに息を吹きかけて曇らせようと思ったら・・・喉の奥から勢いよく、ハァーっとやりませんか?その感覚で、喉の奥からの息で口の奥の方を振動させて出す音になります。

先程のドクターズAの母音を、このH音からスタートすると・・・

HOT | hɑ(ː)t |

日本語のホットではありませんよー!ハァーッt、という発音になりますね。

このアもしっかりと喉の奥から出すようにしてみてください。

同様に、heat(イ), hook(ウ), head(エ), home(オウ)などの母音でもやってみると、日本語の響きとはかなり違うことがわかっていただけると思います。

ちなみに、私がよくバックコーラスなんかで使う、フーの音が「自分たちでやってみると全然違う音になっちゃうんです!」というお声を聞いたので、次回にはその解説をしていきたいと思っています。

発音で慣らしてから〜歌で実践

いかがでしょうか?喉の奥から声を出す、と簡単に言っても、実際には結構慣れるまで時間がかかるもんです。でも、訓練していくことで本当に響きが変わってきますよ!実証済みです!

こういった発音からのアプローチは比較的つかみやすいので、発音でまず実際に喉周りを使っていき、喉の奥からの声、響き、というものに慣れてきたらそれを少しずつ歌のメロディー、特に中低音のメロディーに乗せるようにして、歌で響きを作っていく、という段階を踏むとやりやすいかな、と思います。

以前にもお伝えした「ボーカルフライ」は、喉の力を抜いた状態で低音を出す声ですので、低音を作るの際のウォーミングアップにいいかもしれません。

できる方は、まずボーカルフライで喉周りを温めてから、こういった練習を行うことをお勧めします。


〜有名なクリスマスソングを本格的に!〜

英語発音を訓練しながら、歌で実践!

クリスマス限定のトライアルレッスンで、有名な曲、O Holy Nightを歌えるようにしていきましょう♫

▼ ▼ ▼

O-Holy-Night

クリスマス限定トライアル・O Holy Night を歌おう♫

ただいまお申込み受付中!

2ヶ月間の英語発音トライアルレッスン、11月より開始です!