さて今回は、「カスカスで出ない声でも、出るようになるか?」というお話です。

今回(2019年冬)の日本での滞在時、かなりたくさんの方の個人レッスンを行わせていただきました。本当に感謝でした!

その中で、時期的なこともあり「風邪の病み上がりで、声がぜんぜん出ないんです〜💦」という方が結構いらっしゃいました。風邪でなくても、しゃべりすぎで声が出ない(半分あきらめ・・・)、という方もいらっしゃいました。

が、そんな方でも1時間のレッスンで、最後には驚くほどの声が出るようになったんですね。なので、エクササイズ次第ではかすれ声でも出るようになる!今回はそんな内容を、発音からのアプローチでより具体的にできるようにまとめました。

スポンサーリンク







声帯がうまく振動できない状態です

風邪をひいてしまったり、もしくはしゃべりすぎで声が出ない、という状況、実は声帯が腫れていて、うまく振動ができずに声が出ない、という状況です。

そんな時は決して無理をせず、うがいをまめにする、マスクをする、など、喉をなるべくいたわりましょうね。

こんぶ水がオススメです!この項はまたいつか別の記事でご紹介したいと思います。

しかし、それでもしゃべらなければいけない、歌わなければいけない、という状況はあるもんです。

しかし、ピンチはチャンス!そんな時になんとか喉に負担をかけずに声が出せるよう、こんな方法を試してみてください。

実践!発声エクササイズのやり方

それでは実際に、どんな風にやっていけばいいのか、順を追って説明します。

1:上半身、特に首周りのストレッチ

声がうまく出ない時とは、往々にして首周りや胸、肩、背中がガチガチに固まっていることが多いです。歌で使う筋肉が凝り固まっていると出る声もうまく出ません。

まずは上半身、特に首周り、肩、胸、背中の筋肉をストレッチして、リラックスしておきましょう。

2:リップロールで喉のウォーミングアップ!!

そして喉のウォーミングアップ、リップロールを丹念に!

リップロールをご存じない方はこちらで説明しています。

3:発音からのアプローチでヘッドボイスを導く

喉もしっかりと温まったところで、では実際に声を出していきましょう。まずは、発音のアプローチでヘッドボイスをしっかり温めていきます。

・Nの発音

N音とは、舌先を前歯の裏と歯茎の境目ぐらいにベターッと付けて、鼻からンーと抜けるような音を出す、これがNの音なのですね。

その音を使って、鼻から抜ける音を先に出してからの〜、nnnnナァー、nnnnナァー、と口からの声につなげます。これを音階を付けて最初はゆっくり、ナナナナナ〜と出しやすいところから出していきます。

・Mの発音

M音とは、唇をしっかり閉じて、同じように鼻からンーと抜けるような音を出す、これがMの音なのです。

N音と同じように、Mの発音からmmmmマァー、mmmmマァー、と口からの声につなげます。慣れてきたら音階を付けて、ママママ〜と出しやすい音域から出していきます。

4:Hの発音で息の力を使う

今度は少し高い音域を出していけるように、逆に裏声の状態で声を出します。そのために使う発音はH音。実はこのH音は日本語のハヒフヘホとは違い、ハッ、ハッ、と勢いよく出した時の、口の奥の方でその息によって振動している音、これがH音なのですね。

このH音で声帯に負担をかけないようにしながら、息の勢いで母音を喉の奥からしっかりと響かせていきましょう。

H音をまず確認したら、少し高い音域で音階を付けながら、ご自分の出しやすい音、フー、ヒー、ホーなど言いやすい、H音が出しやすい母音から初めて、最終的にはハーのアの母音で出せるようにしていきます。

この前にやっているN音やM音でヘッドボイスが響いて温まっている状態ですので、H音でもヘッドボイスを意識して、母音の伸びている音が下向きに落っこちないように、顔の中心、もしくはもっと上、おでこあたりから上に向かって出ているようなイメージで発声してみましょう。驚くほど楽に、声が前に伸びるのを感じるはずです。

5:メロディーを簡単な音で歌っていく

これで大体の音域が出るようになったので、ここで歌のメロディーを使って、ナナナナナー、とか、マママママーなど、少しヘッドボイスを意識しながら歌ってみます。

そして最終的には歌詞をつけて歌う、という流れです。

ピンチはチャンス!

ここまでやって、だいたい1時間ほどで声が出てくるようになりますよ。この方法は今回しっかりと結果が出たので、どなたでも有効だと思います!

ぜひ普段からしゃべる時、また歌う時に、なるべくヘッドボイスを意識しながら話し、または歌ってください。喉への負担がぐぐっと減ります。

実はこのアプローチ、私が以前、ゴスペル指導を現役でやっていた時、毎日喉を酷使しながら、声がカスカスで出ない・・・でも歌わなければいけない・・・というところから、叩き上げで編み出した発声法が土台になってます。

なんとか出ない声を出せるように、なおかつ喉に負担をかけないように、自分の喉を守るために行ってきた方法を、より具体的にわかりやすくするために、発音からのアプローチで着実にできる方法です。

私がそうだったように、今回声が思うように出ない、という辛い中でも個人レッスンを受けてくださった方々は、逆を言えば、その状況にならなければこの方法を試すことができなかったし、出ない声が出るようになる!という経験もできなかったのですから、実はラッキーな方々だったのですよ!

ピンチは飛躍のチャンス!ぜひこんな方法を試してみてください。


〜カタカナ英語から卒業する!〜

▼▼英語発音ゴスペル・トライアルレッスン、ただいま参加者受付中です▼▼

トライアルレッスン・Light and truthを歌おう♫

2ヶ月間で完了するの英語発音トライアルレッスンの新しいプログラム、2020年1月より開講しました!