スポンサーリンク







praiseの発音に挑戦!

今回は発音が難しい単語シリーズ、「praise」を取り上げます。

ゴスペル曲ではよくよく出てくる言葉ですね〜!この言葉の発音が難しい、という声にお答えして、練習方法を見ていきたいと思います。

だいたいのサウンドが、「プレーズ」になってしまうんですよね。間違ってはいないのですが、やはりサウンドが平たい、というか、ペラっとした浅いサウンドになりがちです。

この言葉の発音にも、実は私達に日本人が苦手な発音が結構含まれていますので、一つずつ発音を分けて練習するのが一番だと思います。

praiseを分解して発音練習

それではいつものように、いくつかのステップに分けて練習していきましょう。

1.まずはp-と-raise を分けて練習

後半のrから始まる音、-raiseを、r音をしっかり作ってからスタートします。

r音の作り方はこちらを参照・・・▷RとLの違い②

2.2重母音を確認

r音から〜エイという2重母音をしっかり作ります、この音が出るか出ないかで大きな違いが出ます。ぜひエーイ、エーイと、口を大げさに動かしながら、何度もやって口で覚えさせてから、r音からの-rai-、ゥレェイ、と言えるようにしましょう 。

3.最後のZ音を腹筋で締める

最後のZ音は、以前の記事:単語の語尾が言いにくい、でも取り上げたように、お腹にしっかり力を入れてZ音を出します。この時に口がウの口で終わらないことを確認してください。

4.r音から〜二重母音エイ〜腹筋のZ音の流れを確認

それでは、1〜3までの手順で、後半の部分、-rai-se, -rai-se, と一つ一つ、発音を大げさに作りながら、この音節だけで最初に練習します

5.最初のp音の確認

-raise がスムーズに言えるようになったら、最初のp音、を練習しましょう。この音は簡単ですね。唇を閉じてからプッ、プッ、と軽く弾かせて出してください。ただし、プと言った後に唇をウの形にしないようにするといいでしょう。

6.単語全体をゆっくりつなげます

まずは、p-/ -raise と2つの音節に分けて練習してみてください。pと唇を弾かせて発音してから(ここには母音はありません)、後半の-raise を言う感じです。慣れてきたらpraise,と一つの単語として発音してみましょう 。

この一連のながれを動画にもまとめました。参考にしてくださいませ〜

発音力を上げて、歌の底上げ!

この言葉も、こうやって分けていくと、実にたくさんの発音の要素が詰まった言葉です。このように一つ一つをしっかり作っておくと、他の単語で同じような発音が来た時にも同様に練習できますよね。

焦らず、一つ一つを確実に作るようにしてみてください。口や舌の動きを体に覚えさせるまで繰り返し行うことがキーポイントですよ!

ぜひぜひpraiseをかっこよく発音して、ゴスペルソングをさらに躍動感あふれる歌になるようにしていきましょう。

そして、ぜひ発音で迷っていたり練習の仕方がわからない単語がありましたら、リクエストしてくださいね♫