スポンサーリンク







英語が聞き取れない?その原因とは

英語が聞き取れない!

とは、ほとんどの方が持つお悩みだと思いますが、

そのリスニング力を上げるために、

何しろ英語を聞かなきゃ!とばかりに、
ドラマや映画などの音声をひたすら聞く、

ということをしてはいませんか?

それだけ、ですと
もちろん無駄ではありませんが、

リスニング力アップはかなりの時間が
かかってしまうかな〜と思います。

なぜなら、
自分がわからない単語、
知らない単語は、いつまで経っても
雑音でしかないから、です。

雑音はいつまでたっても雑音でしかなく、
永遠に意味を伴いません。

意味とサウンドが伴って初めて言葉となる

やはり意味をともなった言葉として
認識する必要があるんです。

わからない単語のサウンドと意味を
予め知っておく、

このように準備をした上で音声を聞けば、
雑音ではなくなりますし、

しっかりと聞き取れるようになりますよ。

手軽にリスニング力アップ!

では、どうすればいいのか?
ということで、

今回は手っ取り早くできる
リスニング力アップ方法をご紹介します。

まずは、素材を長いものではなく、
短いものにしましょう^^

ドラマを1時間流して終わり、ではなく、
5分や10分程度にして小分けにして
取り組むことがおすすめです。

お手持ちのDVDやYouTube動画などを1つ、
ピックアップしてみてください。

その際には、字幕が出せるもの、
にしましょう。 

1.

まずはざっと字幕なしで見てみましょう。

ある程度あらすじがわかっているものであれば、
字幕なしでも内容はわかりますね。

スピードが早すぎる、ということであれば、
スピードを落として再生してみてください。

2.

 次に、わからない単語の部分を英語字幕で確認してみましょう。
意味がわからない場合は意味も調べます。

3. 

わかったら、その単語を
何度か口ずさんでみてください。

4. 

そしてもう一度字幕なしで
再生してみてください。
その言葉がクリアに聞き取れるはずです! 

このように、
言葉の意味がわかっている上で音声を聞くと、

自分である程度「予測」しながら
聞くことができ、

「予測」する分、耳がその部分を聴こうとして
聞く耳がもっと敏感になるんですよね。

この「予測」しながら聞く、ということは
英語ではとても大切な要素だと思います!!

リスニング力を上げるためには
もちろん、これ以外にも
さまざまな取り組み方がありますが、

まずは好きな素材でできて、
そして手っ取り早く取り組める方法を
ご紹介しました。

教材の英語だと聞き取れるんだけど、
映画となると全然ちんぷんかんぷん・・・

という方は、

まずこんな方法で取り組んでみてください。