前回に、日本語と英語のそもそもの違いをお伝えしました。

あらためて、日本語は目から、英語は耳から、という違いがあることを知っていただけたのではないでしょうか。

今回は実践できる、R音とL音の練習方法をご紹介していきますね。ぜひみなさん、ご自分の口でやってみてください。

R音を発音してみよう

まずR音の練習方法。Rの音は舌を巻く、ということはみなさんご存知だと思います、が、もう一つ、舌の形で重要なポイントがあります。この順番でやってみてください。

①まず、唇を少しすぼめ、ウの口になるようにします。

②舌の両脇を、上の奥歯に付けるようにして、舌をU字になるようにします。舌の中心にある縦の線が空気の通り道になる感じに作ってみましょう。

③その状態で舌先を少し丸めてください。そのまま声をウーと出してみると、こもった音になるはずです。その音がR音です。

④その舌をニュートラルな状態に戻しながらゥラ、ゥリ、ゥル・・・と、ラリルレロを発音してみます。この時に、舌先は口の中のどこにも付かないように注意しましょう。


・・・と、理屈で言うとこんな感じになりますが、やはりサウンドが大事!

こちらの単語を実際に発音してみましょう。
↓ ↓ ↓

read, road, right, rock,

音声と一緒に発音してみましょう

L音を発音してみよう

次にL音の発音です。

L音はR音とは逆で、舌先を上前歯と歯茎の境目あたりにベターッと付けてから発音します。

①舌先を舌先を上前歯と歯茎の境目あたりに付ける。

②舌先を付けたまま、舌の中心と上顎との間にできる空間にしっかりと音が響くようにしながら、喉の奥からウー、ウーと言ってみましょう。

③その舌先を前歯の裏から弾くようにしながら、勢いよく、ゥーラァッ、ゥーラァッ、っと数回と発音してみてください、その音がL音からのラの音になります。
その音に慣れてきたらL音からラリルレロを発音してみましょう。

こちらの単語を実際に発音してみましょう。
↓ ↓ ↓

lead, load, light, lock,

音声と一緒に発音してみましょう

いかがでしたか?
R音は、舌を巻いた状態から発音するので、サウンドもこもった音になりますが、かたやL音は開かれた音、明るい音になりますよね。

これを自分の口を使って、はっきりと違いを作って発音してみてください。自分で発音できるようになると、不思議と耳から聞いた時に聞き分けられるようになってきます。

ぜひお試しくださいませ〜♫


P.S.
実は、R音には3種類の出し方があるんです。もっと言うと、L音にも2種類あります。
詳しく知りたい方は、ACE&Musicの無料メールレッスンでもしっかり取り上げて練習しますので、まだの方はぜひお試し下さい。


〜英語の無料発音メールレッスン実施中!〜

▼ ▼ ▼

singer

「英語の歌、もっとかっこよく歌えたら・・」

と悩んでいませんか?その悩みの解決方法がここにあります。

完全無料!発音を改善したい方、ぜひ一度お試しください。