スポンサーリンク







語尾を濁すことは日本語の美徳?

英語の歌を歌っていて、または英語を発音していて、どうしても単語の語尾が落ちてしまう、または聞こえない、という事がままありますよね。特にs音やz音、dやt音などが顕著でしょうか。

これは日本語の影響もあるかもしれないのですが、日本語を話す際に、語尾までしっかり発音しない、むしろはっきり発音すると押し付けがましい感じがするかも?みたいな感覚があるのかもしれません。。

なんでもお芝居の場合はあえて語尾を無声化することで耳障りを良くするんだそうです。おもしろいですね!

こんなところまで日本語と英語が正反対なのだな〜と思う今日このごろです。

最後まで相手に伝わってなんぼ、の英語

英語の場合、この語尾がはっきりしないことで何が支障になるか、というと、意味が通じない、もしくは意味が違って伝わってしまう、という事が起こってしまうので、やっかいなのです💦

特に英語では、言葉の語尾で単数形なのか、複数形なのか、もしくは現在形なのか過去形なのか、微妙な意味の違いが語尾のたった1つの子音に出ていることが多々ありますので、語尾までしっかり伝える必要があるんですよね。ここの意識を日本語のままでやってしまってはなかなか改善しません。

英語発音に肋間筋を使うススメ

そこでオススメなのが、今回のトピック、「肋間筋」です。

ACE&Musicで採用している英語発音矯正本、ザ・ジングルズ、というのがあるのですが、私もこのテキストをやって初めて気がついて、とても腑に落ちたのが、「肋間筋」という筋肉の使い方です。

まず肋間筋というのは、肋骨と肋骨の間にある筋肉で、その筋肉を緩めたり縮めたりして肺を膨らませたりしぼませたりしています。この筋肉を意識して発音する際にも使う、というトレーニングです。この連動は特に、言葉の語尾を強めたい時に使います。

例えば、and という言葉。

ジングルズではこのandの最後のdを発音する時に肋間筋を使う、というトレーニングがあります。

最後、-d、と舌先を前歯の裏と歯茎の境目あたりに弾かせて出す時に、一緒に肋間筋をぐっと縮めて、肋間筋に力を入れながら発音することで、d音がより強く出すことができます。

他にも、needs と-dsと発音する際には最後のd音にプラスz音が付きますから、肋間筋を使ってさらに発音が最後まではっきり出るようににぐぐっと踏ん張る、というトレーニングになります。

この連動が、最初はなかなかうまくいかないのですが、繰り返しやっていくうちに自然と連動してくるから不思議です。

発音は口や舌の動きも大切ですが、プラスこういった腹筋や肋間筋、首の筋肉など体を使った発音(全部、ザ・ジングルズの訓練に入ってます)、というのが大きな変化をもたらすことも結構あるんですよ。

歌にもかなり重要な肋間筋

この連動がうまくつながってくると、もちろん歌う姿勢にもかなり有効に使うことができますよ。

私もかなり頻繁に使っていると思います。特に言葉に勢いをつけたい、発音をはっきりさせたい、または息が残り少ないけど最後フレーズを伸ばしたい、など、”ちょっとの踏ん張りどころ”でこの肋間筋はすごく使ってます。

こういった、「ここぞ!」という時に使えるようになるには、やはり普段からのトレーニングが必要になってきます。

言いたいメッセージを相手にしっかりと伝えることができるように、日本人にありがちな「語尾が聞こえない」という現象を改善していきましょう。

そのために、まずは単語を最後までしっかり発音するという意識を持つこと、そしてこの肋間筋を使って連動させて出す、ということを知っていただければ、と思います。