以外に難しいk音のサウンド

子音・k音は日本語のカキクケコと同様に作りますから、そこまで難しくない子音、と言えます。

key, kitchen, cold など、発音してみると・・・特に言いにくくはないと思います。

が・・・こちらはどうでしょう?

cloud, climb, clear

このようにk音の次にL音などの子音が続くと・・・ちょっと話が違います。

カタカナ英語の影響大

これらを発音すると、とたんにカタカナ英語になってしまう・・という方が意外に多いです。

特にcloud, clearは日本語でもカタカナ英語として一般的に使われていますから、クラウド、クリア、という発音になりがちです。

カタカナ英語、つまり全ての音節に母音が付いてしまう、というサウンドになってしまうのですね。

最初のクはク(ウ)ではありません。ただのk音です、ここをしっかりおさえれば、カタカナ英語にはなりませんよ。

というわけで、今回はk音の出し方と、k音+L音の出し方を見ていきましょう。

子音K音を確認しよう

k音とは専門用語で「閉鎖音」の仲間です。

舌の付け根と上顎の奥の方(=軟口蓋と言われます)とがくっついて空気の閉鎖が起こり、そこで空気の圧力が高まったところに〜閉鎖が勢いよく開いて空気がリリースされて起こる音、です。

この時、しっかり空気の圧力を高めてからの〜クッ、クッと、喉元奥で作られる音を作ってみてください。これがk音です。

その時の口の形に注意しましょう。口よりも喉元の方で作られる音なので、唇は使わないのでウの口は必要ありません。

ク(ゥ)ではなく、ただのk音であることを確認しましょう。

子音k音+L音を練習しよう

それでは今回はcloudでk音+L音の練習をしたいと思います。

①まず先の手順でk音を確認して、日本語のク、というウの口が付かないことを鏡を見ながら発音してチェックしておきましょう。

②次にL音からの音節、-loudだけを先に発音します。L音でしっかり舌をLの位置に付けてからの〜
loud、-loud、-loud
とはっきり発音しておきましょう。この音節にアクセントがあります。

③ -loudが口に馴染んだら、①のk音+loudを並べて別々にゆっくり発音してみます。綴りで表すと、c–loud という感じです。k音からL音の舌が付くときには口の形はほどんと動かないことを意識してください。

④ 並べて発音できたら最後につなげて、cloudと単語としていっきに発音します。この2つの子音がくっつく時に、k音とL音がスムーズにつながることを意識して発音してみてください。

慣れたら他の単語でも練習しておきましょう

cloudが言えるようになったら他の単語、

clear, climb, clean, claim, clap

などなど、cl-でスタートする言葉はたくさんありますので、他の単語で練習して、k音+L音をしっかり口になじませていきましょう。

余裕のある方はぜひ、音声認識で自分の発音が正しく認識されるか確認すると、さらに確実ですよ^^