スポンサーリンク







一発で必要な音階を出すのが難しい

今回はアンケートで回答いただいたお悩みに関するトピックをお送りします。

「一発で必要な音階を出すことができない、音階練習をしたいが、できるところがない」

ということでした。実はこういった問題は結構多くの方がお持ちじゃないかな〜と思います。絶対音感がある方などはきっとこのような悩みはないのかもしれませんが・・ちなみに私は絶対音感はありません。。ただ長年歌ってきているので、ある程度自分の出したい音の出し方、というのは感覚的に鍛えられてきた、と思っています。

それではどのように鍛えていくことができるのか、今回はその方法をまとめていきましょう。

のどで調整をするうちに・・・負の連鎖

今までたくさんの方々をレッスンで見てきて、音が一発で取れない、という方の傾向として、

①まず自分で思った音を出してみて、

②そこから微調整をして正しいピッチに直す、

という傾向がありますね。だいたいピッチが少し低いところからスタートし、ぐぐっとピッチを上げて直す、というパターンです。

ここを「喉の力で上げる」ような感じになってしまうので、やればやるほどどんどん喉に力が入り、結果ピッチも悪くなる一方、という負の連鎖に陥ってしまいます。

(ああ・・・耳が痛い・・💧)

とここで諦めないでください!解決方法はありますからね😄👍

解決方法としまして、大まかに2つ、ご紹介していきたいと思います。
1つはリップロールを使う方法、もう一つはヘッドボイスを使う方法、です。

今回はリップロールを使う方法についてご紹介します。

リップロールで音感を鍛える方法

リップロールは今までも何度も出てきましたね。これはもう、どんな場合にも役に立つ、オールマイティーなエクササイズだと思っています。

これを考えた方は本当にすごい!

リップロールを発声練習で行うような音階を付けて行います。リップロールを使うことによって、喉の力が入ることを防ぐことができますし、大きな声を出す必要がないからです。

鍵盤楽器を併用することで効果がぐぐっとアップ!!

そして可能であれば、片手でいいので、ご自分で鍵盤楽器を一緒に弾きながら、その楽器の音とご自分の声とを合わせるようにして行ってください。

「ドレミファソファミレド〜」のパターンで十分です、それを半音ずつ上げていくだけの繰り返しでいいですので。

この、一緒に楽器の音を自分の手で出している、ということがとても効果的なのです!

なぜか、自分の手で楽器の音を出していると、その手の感覚と声を出している感覚が脳の中で何かがつながるのかなんなのか、ピッチがバチッと一発で合いやすいのです。これを繰り返すことによって、ご自分のピッチの感覚が相当鍛えられると思いますよ。

ピアノの無料アプリなどで簡単に入手できます

また鍵盤楽器を持っていない、という方がほとんどだと思いますが・・・
今はスマホ!という便利な端末で、しかも無料でピアノのアプリが結構出てますので、そういうのを使うといいと思います。私は結構使っていますね。

ただリップロールをしながら一緒に弾くということを考えると、iPad に代表されるタブレットのほうが、鍵盤が大きくて弾きやすいです。

しかしアプリであってもピアノを弾くのが難しい、音階を付けてピアノを弾くのは難しい、という方は、発声練習用の音源をこちらのサイトでも公開していますので、ぜひご利用くださいませ。

→リップロールでウォーミングアップ

でも、練習あるのみです!ご自分で弾けるようになる方が効果は倍増です!

私も全くピアノが弾けない、音階がわからない、というところからのスタートでしたから・・・練習すれば誰でも必ずできるようになりますよ!👍

練習場所に困った場合は・・

またリップロールは大きな声を出す必要がないので、ある程度ならご自分のお部屋でもできると思います。

それでも難しい、という場合は・・・

音楽スタジオを借りる、(個人レッスンとしてであれば比較的安く借りれる場合も多いです)、もしくはカラオケボックスなどのお部屋を借りても、かなり安くできますよね。

練習場所は必ずありますよ!ぜひ探してみてください。

どなたもまずはリップロールから、です

というわけで、今回はリップロールを使った音階の出し方、鍛え方を見ていきました。リップロールは喉を痛める心配がないため、私はどなたにでもまずオススメします!間違いないです、はい。

このリップロールが難しい方も結構多いと思いますので、まずは慣れるまでひたすらリップロールを練習しましょう。その際には姿勢を正して行うこともお忘れなく。

そして次回には、ちょっとアドバンス的な方法、ヘッドボイスを使っての音階の出し方・鍛え方、をご紹介します。