ジングルズの進め方について、なのですが、

(メールでもみなさんにお送りしましたが、覚書でこのブログにも記事にしておきます)

もちろん、本に書いてある通りに進めていただくのですが、

毎日やるには、ある程度パターンが決まっている方が、考える時間を省いてできるので、
ある程度自動的にできる事が、毎日楽に続けられるコツになると思うんですね。

そこで一応、私の場合どうやっているかを、ご紹介したいと思います。

 

ジングルズ一連の流れ〜AKOバージョン

 

私の場合、ですが、私は、英語の学習は朝一にする、と決めています。
そうすると、結構集中してできるからなんですね。

 

で、まず、コーヒーを淹れて・・・から始まるんですけど(これがないと始まらない!)、

 

いつものテーブルについたらスマホのタイマーをセットして、何も考えず、
とりあえずタイマーをスタートさせてしまいます。
そうすると不思議と自分にもスイッチが入ります。

そしてスマホにつなげたヘッドホンを耳にセットします。
(CD音声はすでにスマホに入ってます)

今日課題としているジングルズ本の箇所を開き、
それに合わせたCDの音声を出し、

「1曲リピートモード」で再生スタートさせます。
(そうすると、いちいち再生させる手間がはぶけます)

右ページの説明は読まず、とりあえずCD音声に合わせて、
その音声をコピーしながら、左ページの文章の音読を
文章はあまり見ずに、聞こえたままを2〜3回はやります。
(パラレリング、という音読方法で、音声とほぼ同時に読みます)

その後、音声をストップさせ、右ページの説明書きを読み、
どこに、今日の箇所の練習ポイントがあるのかを確認し、
そのポイントを意識しながら、
もう一度音声をスタートさせ音読をします。

(この、2度目の音読の際には、ヘッドホンの片耳をはずして、
自分の声を聞きながら音読することが多いです)

その際に、ジングルズの本の空いている箇所に、
読んだ回数を正の字にして、書き入れながら音読しています。

指定されている回数の2〜3倍ぐらいやったら、そこでおしまいです。

日にもよりますが、これでだいたい10分弱ぐらいでしょうか。。

私の場合、セットするタイマーは、
他の学習もセットなので25分ですが、
(25分を1コマとして合計で3コマ=1時間半、調子のいい時は4コマ=2時間と数えています)

5分、10分とタイマーをセットしている方は、
その時間になったら途中でも切り上げて構いません。

この、タイマーをセットする、ということが、
意外に素晴らしい一手間なのです。

時間管理も、学びを効率良くやるのに、とても大事な要素ですね。

英会話のレッスンでは、この部分を最初にしっかりと検討、構築していただいてから、
カリキュラムに入っていただくほど、です。

 

とりあえず◯◯をする、の作業が大事

 

最初から「今日こそしっかりやるぞ!」と意気込めば意気込むほど、
学びの作業がしんどくなっていきます。(ほんとです)

なので、何も考えずに、自動的にできるパターンを自分で見つけることが、
日々の、地味な繰り返しの学びには効果的です。

なので、とっかかりとして、自分なりに「とりあえず◯◯する」を作ってみましょう。

・とりあえず本を開く、

・とりあえずヘッドフォンを耳にセットする

・とりあえずスマホ(またはCDプレーヤー)に入っているジングルズを再生させる

・とりあえずタイマーをスタートさせる

このように、最初のとっかかりを、なるべくハードルを低くして、
スタートさせるようにしてみてください。

不思議と、その後もスムーズに、苦もなく続けられちゃうもんですよ。

また、スタートする際には、「何も考えない」で、動作に入っちゃって下さい。
いろいろと考えると、ダラダラと時間が経ってしまうものです。

 

どう習慣化させるか、がキーポイント

 

それを、週に3日、まず1週間がんばってみる、
できるようになったら次の週は4日、
それもできるようになったら、次の週は5日・・・と、
少しずつ増やしていく、という事も可能になっていきますね。

それが習慣化、つまり自分の中にサイクルとして根付いていくと、
今度は、やらないと気が済まない、やらないでいると、何かやり残した感がある・・

みたいな状況にまでなっていきます。そうなったらしめたものですね!
続けるのは苦でなくなります。

 

口や舌の筋トレはやればやるほど、口がスムーズに動くようになっていきますので、

ぜひ、あまり間を開けないようにして、日々5分でも続けられるように、
いろいろ工夫してやってみてください。