最近のレッスンで、よく出てくるようになったのが、

「あいまいなL音」

こちらはACEで使用している発音訓練本、ザ・ジングルズ・レベル86(青本)で出てくる発音です。(青本P.125参照)

しかしこの音はどのレベルの方でも知っておいて損はないので、ここでもご紹介しますね。

スポンサーリンク







あいまいなL音=舌を使わないL

なにがあいまいって・・・

同じL音でも、舌を使わないL音なのです。

・・・・Σ(゚Д゚;エーッ!!

舌を使うのがL音と教わったのに・・・それを使わないでも発音するとは、ちょっと不思議ですよね。

でもこれ、知らないうちに私もそういう発音していました。

ちなみにこのL音は専門用語で「dark L」と呼ばれます、くらいL、という呼び方がされるんですね〜

例えば、Jungle の-le 、このL音はあいまいなL音です。

world、result、children、といった言葉に入っているL音もあいまいなL音です。

片や、

early, place, slowly, などはしっかりL音を発音します。

これらの違いはなんなのか・・わかりますか?

あいまいなL音と、普通のL音、の法則

実はこれらには、ある法則があるようです。

前回の記事でご紹介した「英語発音入門」のサイトで発見したのですが、こちらに、その説明を引用しますね。

・milk, cold, told, illness など子音が続くとき

・full, girl, people, feel など語のうしろにあるとき

/l/ の発音は弱くなって上のはぐきにもつかないこともあります。
発音が弱く不明瞭になるのです。
そのためにこういった /l/ は dark/l/ とよばれたりします。

ということで、なるほど!と、私もしっかりと腑に落ちました。

L音の次が、母音ではなく子音が続く時、や、単語がL音で終わる時は、

L音の発音が弱くなり、舌を使わない、あいまいなL音になる、ということです。

「dark L」 と名前まであるんですね。

ちなみにACEのレッスンでは、「あいまいなL」と呼んでいます。

また、Lの次の音が母音で始まる場合には、L音は通常の、舌を使ったL音になります。

この法則を覚えておけば、もう迷うことはないですね!

ただ、この「あいまいなL」は、何が難しいって、発音の仕方が難しいです。こちらはまた別の機会にじっくりと解説します!